日々徒然

bunta4.hatenablog.com/

スポンサードリンク

番組モニターのサイトについて

スポンサードリンク

要望があったので、番組モニター募集とかをしているサイトを紹介します。
まず、本格的なものから。
こちらは、テレビ局から指定された番組を視聴してレポートを送ったり、説明会や懇談会に出席するものです。ちなみに、この交通費は支給されるので大丈夫です。これはNHKや在京キー局だけではなく、地方局も行っています。
だいたい、4月〜9月と10月〜3月の半年間の期間モニターをします。募集は大体2〜3月や6〜7月くらいにテレビ局やラジオ局のホームページで募集しています。
ただ、レポート書くのである程度の文章能力とか必要ですし、録画機器とかもあった方がいいです。
放送一回ごとにレポートを提出し、それが1か月に4回くらいです。レポート一つにつき、報酬が1000〜3000円で、一月1万円くらい稼げます。
ちなみに、モニター終了時には座談会というかお疲れ様会に参加することもあるみたいですが、交通費や飲食費は支給されるので大丈夫です。あと、業界人と仲良くなれるチャンスなので、マスコミ業界に興味のある人にはいいかも。
あと、局によってはレポートを書く番組を選べるようなので、アニメ好きな人は自分の好きなアニメへの情熱をぶちまけることができるかも!?自分の意見が番組の編成に影響するかもしれませんよ。
ちなみにこの仕事、ものすごく人気があるので、倍率が高いです。
http://www.777money.com/kasegu/baito/tv_monitor.html

とりあえず、今期の募集ページが残っていたもの
日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/monitor/

テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/monitor/

テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/monitor12/

フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/company/monitor/index.html

ちなみに、放送局の放送エリアに住んでいないといけません。


さて本題。今回私が参加したような簡易的なものはアンケートサイトってところで募集されてたりします。ちなみに、アンケートサイトとは、登録会員に企業からの様々なアンケートが送られてくるサイトです。アンケートに答えることにより、会員にはポイントが与えられます。ポイントはやがて、現金などに換金できます。
換金する際には、楽天銀行など、ネット銀行の口座が必要になるのでご注意を。
ちなみに、私は昨年だけで5000円分換金しました。今年はおそらく、1万円分は行くと思います。換金額は答えるアンケートの数によって変わってきます。
本題に戻りますが、テレビのモニターや意見募集はまれにしかないのでそこまで期待しない方がいいです。
以下、おすすめのサイト。上の方ほどポイントが溜まりやすかったりします。

マクロミル
http://monitor.macromill.com/
私が使っている中では一番ポイントが溜まりやすいです。ちなみに今回参加したNHKのモニターもこちらからしました。

リサーチパネル
http://research-panel.jp/

gooリサーチ
https://research.goo.ne.jp/monitor/index.html
こちらは、アンケート頻度は少ないですが、たまにものすごく溜まるアンケートがあります。

アンとケイト
http://www.ann-kate.jp/
前にこちらのサイトでフジのバラエティ番組の実体験の募集がありました。

infoQ
http://infoq.jp/

MyVoice
http://www.myvoice.co.jp/voice/

Qzoo
http://qzoo.jp/

lifemedia
http://lifemedia.jp/

こちらのURLは上記サイトの私のアカウントからの紹介URLです。こちらから登録してもらった方が私は嬉しかったりします。私にポイントが入るので。貴方にもポイントが入るので。win-winな関係ってやつです。

マクロミル
http://monitor.macromill.com/int/?entry_kbn=240∫_id=Z4130442A

infoQ
連絡下さい。招待状を送付します。

lifemedia
http://lifemedia.jp/about.html?d=2339188


なんか宣伝みたいな形になってすいません。小遣い稼ぎにはなりますよ。


追記
いい忘れましたが、アンケートサイトのアンケートにも、座談会に参加するものや、電話で答えるもの、質問者と1対1で会話するもの、実際に商品を購入して試すものなど、様々なものがありますよ。
中には、新商品のネーミングを決めたり、試食出来たりできるのもありますよ。